就活は計画が大切です

バナー

就活は計画が大切です

大学三年の後半になると、自身の進路を真剣に考えないといけません。

就活は特にそうであり、計画を疎かにしますと大変なことになります。


就活は、就職活動の略であり企業が新卒採用を行う時期に本格的になります。
まずは、面接や企業説明会で行く為に着ていくためのリクルートスーツを購入しなければなりません。


これだけでも、結構な出費になります。
次に就職ポータルサイトに登録しなければなりません。
大学の就職課で求人を探すのもよいですが、絶対数を考えてみたら就職ポータルサイトに登録したほうが、多くの求人に出会うことが出来ます。



しかし、やみくもに応募しても入社前と入社後のイメージが大きくかけ離れる事があります。


つまり、自分が本当にやりたい仕事か自分に向いている職種を見極める必要があります。



この見極めで失敗して、せっかく内定をもらっても半年で退社する学生が中にはいます。



ここで、うまくやれば円滑に就活を進めることが出来ます。

企業研究と模擬面接手、SPIを含んだ筆記試験対策、これらの入社試験で必要な事を万全にしておいて入社試験に臨むことになります。

そこで、内定を得られたら就活は終了となります。

ただ、最近は新卒以外にも第二新卒採用をしている企業があり、一口に就活といいましても、対象の幅が広いといえます。
学生以外にも、フリーターでも定職に就きたいと思ったときに、正社員採用をしている所で内定を得られた場合は、中途採用と言われます。